最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

Amazon

リンク

このブログをリンクに追加

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ぶー書店
名作コミック&新刊コミックレビューブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の谷のナウシカ愛蔵版


★★★★★

ここんとこ、
寝る前に少しずつ読んでいた
風の谷のナウシカ」コミック愛蔵版。
昨夜、読み終えました。

それでなくても
睡眠時間足りてないのに、
早く寝ろって話です。

いや、凄かった
ナウシカのコミックは何度も読んだけど、
上下2冊の愛蔵版だと
一気読み感が違いました。


[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

バガボンド最新22巻を読みました!



吉岡清十郎を倒し、
伝七郎との決闘を控え、
吉岡一門の追跡を受ける武蔵。

しかし動じず、
確実に無双者としての貫禄
身に纏い始めた武蔵が描かれる
最新刊です。


[READ MORE...]

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

火の鳥<太陽編>


★★★★

巨匠手塚治虫のライフワーク「火の鳥」。

先日友人に勧めた<太陽編>を、
久しぶりに自分でも読みました。

手塚自身の逝去によって、
実質、「火の鳥」シリーズ最終話となった
この<太陽編>。

読み返してみると、
これはこれで十二分に面白いのですが、
やはり他のエピソードの素晴らしさには、
若干引けをとる感はあります。

まぁ、それでも
「火の鳥」の銘を持つ作品なので、
相当なもの
なのですが…。


[READ MORE...]

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

デスノート最新10巻を読みました!



ハイクオリティな割りに、
ハイスピードで発巻される
ジャンプオリジナルサスペンス漫画「デスノート」。

最新刊10巻が発売されていたので、
購読しました。

今度、小畑健の画集も発売されるらしいです。


[READ MORE...]

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック


プロフィール

ぶー

Author:ぶー
ぶーのboolog本・漫画版。
新刊レビューと漫画&小説の紹介。


バナー

★オススメ:Brainer

手塚治虫:火の鳥

★手塚治虫の代表作「火の鳥」から特に好きなエピソードをご紹介します。手塚治虫を読むならまずコレを!偉大な才能に眩暈がしますです。

火の鳥 (1)
火の鳥(1)黎明編
古代日本の姿を描く火の鳥シリーズのプロローグ的な作品。火の山(多分阿蘇山)を舞台に生きる人間達。その生き血を飲むと不死の命が得られるという火の鳥。火の鳥を巡る壮大な物語の幕開け!

火の鳥 (2)
火の鳥(2)未来編
これがまたヤバイ。壮大さが半端ないっす。遥か未来の汚染された地球。人類はもう地表に住めず地下のドームで暮らしています。シリーズを通して重要な脇役、猿田博士やムーピーも登場。黙示録的超傑作!

火の鳥 (3)
火の鳥(3)ヤマト・異形編
黎明編の続編ヤマト編。ヤマト王朝時代。ヒミコの世界を舞台に描かれる日本の創世記。黎明編の主人公がクマソの王として登場。また、応仁の乱の時代を舞台にした女僧の因果を描いた異形編も収録。

火の鳥 (4)
火の鳥(4)鳳凰編
大傑作鳳凰編!火の鳥といえば鳳凰編という程。舞台は奈良時代。奈良大仏建立が描かれます。主人公、我王の存在感はもの凄いです。木彫家、我王と茜丸。2人を巡って描かれるテーマは人の一生と芸術です。いやもう…凄いなあ。

火の鳥 (5)
火の鳥(5)復活・羽衣編
これもヤバイ。事故で死んだ後再生手術で復活した主人公。彼の主観で見える世界は、これまでと全く違う世界だったという話。

火の鳥 (6)
火の鳥(6)望郷編
未開の星エデン17を舞台に、たくましく王国を創る女性ロミの数世代に渡る大河ドラマ。自分が最も好きな作品の1つ。未来編とのリンクもあり合わせて読むと更にヤバイ。

火の鳥 (7)
火の鳥(7)乱世編(上)
源平合戦を描いた火の鳥です。平清盛が火の鳥の生き血を求めます。素晴らしいのは、源平になぞらえて野生の犬と猿の抗争が描かれること。鳳凰編の我王も登場。そして主人公が泣かせます。全2冊。

火の鳥 (10)
火の鳥(10)太陽編(上)
手塚治虫晩年の火の鳥で実質の最終作。過去と未来が交互に進む物語で描かれるテーマは宗教です。ストーリー的にはイマイチだけどコンセプトはぴか一。仏教の輸入、神道の誕生、そして土着の信仰が追いやられる…日本という国の原点が描かれています。上、中、下の3冊。

火の鳥17巻セット
火の鳥17巻セット
火の鳥全17巻手塚全集セットです。1万円ちょっと。角川文庫版を紹介しましたが↑、自分は全集のデザインの方が好きです。

Amazon検索

boolog

しねま
管理人のネタバレ映画blog

おいしい
管理人のグルメblog

junk
管理人のB級グルメblog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。